貯金20万円で上京できるか?費用をかけない裏ワザを使え

貯金20万円!資金なしで上京したい!そんな人のために、費用をかけずに東京に引っ越す裏ワザを紹介します。

貯金20万円で上京できる!資金なしでも仕事と家を探す裏ワザ

貯金が20万円しかない。

でも、上京したい。

 

今のあなたが上京するために、やるべきことが2つあります。

 

・就職先をすぐ見つけること

・引っ越しの初期費用をゼロに近づけること

 

言うのは簡単ですよね。

普通の方法では無理です。

 

ではどうすればいいのか?

上京支援サービスを利用するんです。

 

上京支援サービスとは?

 

f:id:gatuokinawa:20170209160038j:plain

上京支援サービスというのは、就職先と住まい探しを手伝ってくれるサービスです。

 

ここ数年、東京では人手不足が続いています。

そこで、人材派遣会社が働き手を確保するために上京を手伝ってくれる。

 

この仕組を利用すれば、仕事を確保した状態で上京できます。

 

収入源を確保できていれば、上京できますよね。

では、どこに申し込めばそのサービスを利用できるのでしょうか?

 

Tokyo Diveがおすすめ

 

上京支援サービスも色々あります。

最近評判なのは、Tokyo Diveでしょうか。

 

もともとはリゾートバイトの仲介をしていた会社なのですが、上京支援も始めました。

 

f:id:gatuokinawa:20170209160138j:plain

Tokyo Diveの特徴は2つ。

 

・就職先探しをサポート(派遣・正社員)

・敷金、礼金、仲介手数料ゼロで住まいを提供

 

Tokyo Diveに登録すると、上京する前に求人情報が届きます。

 

登録→求人情報が届く → 担当者と調整 → 就職先決定 → 通勤しやすい物件を決定 → 上京

 

このような流れで、スムーズに新生活をスタートできますよ。

 

Tokyo Diveで紹介される家はレオパレスかシェアハウス(選択制)。

家具・家電付きです。

f:id:gatuokinawa:20170209160214j:plain

つまり、交通費さえあればバッグ一つで上京できる。

貯金20万円の大部分を、当面の生活費にできるんです。

 

右も左も分からない東京。

 

仕事も家も全部一人で探せますか?

少ない貯金をやりくりできますか?

 

ドキドキの新生活。

できれば、余計な苦労はしたくないですよね。

f:id:gatuokinawa:20170209160408j:plain

Tokyo Diveの詳細は下記公式サイトをご覧ください。

↓↓↓↓

東京での就業と住まいを同時提供のTokyoDive

お米5キロでお茶碗何杯分?一人暮らしで食費を削りたい人へ

f:id:gatuokinawa:20170416172523j:plain

上京したての頃は、とにかくお金が足りません。

最初のうちは、削れるのって食費ぐらいですよね。

 

一人暮らしのあなた、お米を買っていますか?

食費を削りたいなら、絶対お米を買ったほうがいいですよ。

 

お米5キロでお茶碗何杯分?

f:id:gatuokinawa:20170514170801j:plain

 

お米はキロ単位で売られていますよね。

お米5キロでお茶碗何杯分か知ってしますか?

 

お茶碗1杯に換算すると、約73杯分になります。

 

毎日3杯食べたとしても、1ヶ月以上は大丈夫ですね。

 

お茶碗1杯あたりの値段はいくら?

f:id:gatuokinawa:20170514171415j:plain

では、お茶碗1杯あたりではいくらになるのでしょうか。

 

私の近所のスーパーでは、5キロ1,780円で売っていました。

これで計算すると…

 

1杯あたり24.3円ちょっとです。

 

安いですよね。

 

パンの耳を買うのも良いですが、ご飯を食べると満足感が違います。

食費を削りたい人ほど、ご飯が良いと思いますよ。

 

炊飯器がない人へ

炊飯器を持っていない人もいると思います。

 

お鍋でコトコトやるのも良いですが、面倒ですね。

ガス代も気になります。

 

電子レンジでご飯を炊きたいなら、いいグッズがありますよ。

「電子レンジ専用炊飯器」です。

f:id:gatuokinawa:20170514171920j:plain

普通の炊飯器だと安くても3千円ぐらいしますが、これなら千円前後。

 

しかも、結構美味しいんですよ。

下手に安物の炊飯器を使うよりも、こっちのほうが私は好きです。

 

>>詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

夢がないのに上京すると失敗する?ポイントは「イメージ」だ

f:id:gatuokinawa:20170209160138j:plain

 

「上京したい!」

「でも、失敗しないかな…」

 

東京で生活してみたいと思いながら、踏み切れない人はたくさんいます。

特に、夢がない人は決心できないですよね。

 

「夢もないのに上京するなんて、失敗するだけ?」

 

いやいや、そんなことはないんですよ。

これさえイメージできれば、きっと「上京してよかった」と思えるはずです。

 

どんな生活がしたいの?

f:id:gatuokinawa:20170209160408j:plain

 

「夢はないけど、このまま地元にいるのは嫌だ。」

 

そう考えている人は、今に不満があるはずです。

 

では、何が不満かはっきり言えますか?

一度、紙にでも箇条書きしてみましょう。

 

・楽しくない

・オシャレな店がない

・出会いがない

・仕事して寝るだけの生活に疲れた

 

色々な不満が出てくると思います。

不満を書き出したら、じっくり眺めてみましょう。

 

その不満、東京に行けば解決しそうですか?

f:id:gatuokinawa:20170209160038j:plain

「休日に遊ぶところがない」という不満なら、東京に行けば解決しますよね。

 

・刺激が欲しい

・出会いが欲しい

 

こういう不満なら、上京するのがおすすめです。

 

でも、「仕事ばかりで疲れた」という人はどうでしょうか。

f:id:gatuokinawa:20170109151102j:plain

上京しても安い給料しかもらえなければ、同じような生活が待っているかもしれません。

 

・のんびりしたい

・癒やされたい

 

こんな願望を持っている人は、上京以外の手段を探りましょう。

 

2つ以上不満が消えるなら上京すべき

f:id:gatuokinawa:20170421095449j:plain

 

いかがでしょうか。

思いつく限りの不満を眺めていると「どう生活したいのか」がイメージできると思います。

 

上京することで、不満が2つ以上消えそうなら挑戦すべきです。

決して無駄にはなりません。

 

お金が心配ですか?

f:id:gatuokinawa:20170416172523j:plain

でも、大丈夫。

 

自力で上京すれば最低60万円は必要ですが、支援サービスを使えば20万円もあれば上京できることでしょう。

 

詳しくは、下記記事にまとめましたのでご覧ください。

↓↓↓↓

jyokyo.hatenablog.com

コネ無しで上京するのが失敗しやすい理由

上京して、生き方を変えたいという人は何万人もいます。

 

成功した人

失敗した人

 

それぞれ、どんな差があると思いますか?

f:id:gatuokinawa:20170416172000j:plain

 

失敗しやすい人の共通点は2つ。

 

・お金がない

・コネがない

 

どちらかがあれば成功するのですが、どちらもなければ失敗しやすいのです。

 

コネ無しで上京すると、何をするにしても時間がかかります。

 

・住居の決定

・手続き

・就活

 

上京したばかりのあなたは、社会的信用がほぼゼロ。

余計な時間ばかりかかっているうちに、手持ち資金が尽きる人が多いのです。

f:id:gatuokinawa:20170416172523j:plain

就活については、時給千円以下のアルバイトなら見つかるでしょう。

 

ところが、それ以上の待遇を求めようとすると急にハードルが上がります。

 

東京では人手不足が続いていますが、正社員雇用については慎重な企業が多いのは変わりません。

 

貯金・コネ無しで上京しても、すぐ仕事が見つからないかもしれません。

f:id:gatuokinawa:20170416172701j:plain

 

では、コネも貯金もない人が上京する方法はないのでしょうか。

 

大丈夫です。

ちゃんとありますよ。

 

コネがないなら、支援サービスを利用すればいいのです。

詳しくは、下記記事をご覧ください。

↓↓↓↓

jyokyo.hatenablog.com

 

30代で上京するのは遅すぎるか?ある会社の事例より

何事も挑戦しようとすると、年齢のことが気になるもの。

特に30代以上になると、常に頭から離れませんよね。

 

「30代で上京って遅すぎるか?」

 

今回は、ある会社を事例に30代の上京についてお話します。

 

地方から人を集めると9割が30代以上

f:id:gatuokinawa:20170209160138j:plain

とある輸入雑貨を主力商品としている会社では、人材不足が慢性化していました。

 

そこで、地方からも人材を呼び寄せることを決意。

全国的に大規模な募集を行いました。

 

すると、地方から面接に来た人の9割が30代以上。

20代は1割でした。

 

内訳を見てみると

 

・20代 1割

・30代 6割

・40代 2割

・50代 1割

 

上京=若者というイメージですが、今では30代や40代のほうが多いのです。

 

これはこの会社だけではありません。

他の業種でもこのような傾向があります。

 

今後は中年に有利な状態が続く

今、東京は人手不足が深刻化しています。

サービス業を中心に、バイトの時給もドンドン上昇中。

どの業界でも人材確保に必死です。

f:id:gatuokinawa:20170209155226j:plain

つまり、30代、40代、50代の人が上京して成功するチャンスも増えているのです。

 

東京は地方よりも人材の流入・流出が激しいです。

転職市場の受け皿も大きいので、門前払いをする企業のほうが少ないぐらい。

 

年齢は不利になりません。

「年だから…」はただの言い訳。

 

最近は、上京するための初期費用も限りなくゼロに近づけるサービス業もできています。

 

貯金が20万円ぐらいあれば、十分に上京できますよ。

 

jyokyo.hatenablog.com

 

 

 

 

上京するなら家探しが先か仕事を見つけるのが先か

上京するには家と仕事が必要です。


では、家を探すのが先か?

仕事を探すのが先でしょうか?

f:id:gatuokinawa:20170209155354j:plain


おすすめは、仕事を先に決めてから上京すること。


無職の状態で家を借りるのは難しいからです。

内定先が決まっていればスムーズに借りられるので、できれば仕事を先に確保したいところ。


もちろん、無職でも借りられる物件はあります。

ただ、そういう物件は不人気物件が多いです。

f:id:gatuokinawa:20170209155413j:plain


まともな物件の場合は、数カ月分の家賃を先払いしろと言われることもあります。


とはいえ、貯金20万円では何度も東京に行けません。

資金に余裕があれば、何度か東京に面接を受けにこれるのですが…


地元に居ながら就職先を決める。

それから、引っ越しする。


もし、それが可能だとすれば…

すぐにでも上京できると思いませんか?

上京費用はどれぐらいかかる?一覧にまとめてみた

このブログでは上京する際の「初期費用を限りなくゼロにする裏ワザ」を紹介しています。

 

その前に、普通に上京すると費用はどれぐらいかかるでしょうか。

一覧にすると、こんな感じです。

 

敷金・礼金 10万~20万円
不動産仲介手数料 5万~10万円
初給料までの生活費 10万円~20万円
家賃(先払いの場合) 3万~10万円
家具・家電 10万円
職探しの交通費等 1万~5万円

 

普通に家を借りて、仕事を探すとすると最低でも40万円。

(生活費がギリギリですが…)

 

余裕を持ちたいなら、60万円確保する必要があります。

f:id:gatuokinawa:20170209155226j:plain

でも、貯金20万円で上京するのは不可能ではありません。

 

もし、敷金・礼金、不動産仲介手数料、家具・家電をゼロにする方法があるとしたら?

貯金20万円でも、なんとか上京できますよね。